スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
2016山のぼり -谷川岳 その3-
2016 / 10 / 21 ( Fri )

ここまで両脚は元気。
2年前とは違う。

さぁ、もう少し。。


20161021-56.jpg

13:30 谷川岳 トマの耳 登頂!

片耳を塞いでやった。


20161021-57.jpg

あの稜線を歩きたい。。



20161021-58.jpg

もう片方の耳を目指す。


20161021-59.jpg

オキの耳。

待ってろよ!


20161021-60.jpg

振り返ると
オキの耳。


20161021-61.jpg

えー。。

この場所で1分間
立ち尽くしてしまいました。

たかだか3mの距離。。

写真ではわかり難いのですが
両側がキレてます。


20161021-62.jpg

こんな感じ。。

立ち竦んでいると
後ろからワタシより年上のご婦人が
なんの戸惑いもなく
スタスタと通り過ぎました。

そうだ。
こんなところで
立ち往生してる時間はないんだった。


20161021-63.jpg

オキの耳。


20161021-64.jpg

トマの耳。

今ちょうどその間を歩いています。


20161021-65.jpg

あと少し。。


20161021-66.jpg

稜線歩きに誘われる。。


20161021-67.jpg

14:00 谷川岳最高峰 オキの耳 登頂!


20161021-68.jpg

記念写真。。(笑)

疲れた。。

ガンバったな、オレ。


20161021-69.jpg

山腹が綺麗だな。。

大きなモミジみたいだ。


20161021-70.jpg

トマの耳に誰かが立ってる。


20161021-71.jpg

誰かに話し掛けられた。

でも声が出なかった。。


深く息を吸って吐いた。
何回か繰り返した。


陽が傾き始めている。


下り道の方が危険。

この山では、足を滑らせたら
それは遭難を意味する。。

暗くならないうちに下山しないと。


20161021-72.jpg

肩の小屋が見えた。


20161021-73.jpg

ザンゲ岩。

ソファーのような形の岩だけど
先に立つと
「押すなよ、押すなよ」
となる。。


20161021-74.jpg

天狗の留まり場。

せっかくなので登りたいけど
時間がない。。


20161021-75.jpg

山の道は陽が傾き始めると
場所によっては暗くて見えなくなる。

この山ではそうなったら致命的。


ここから先は
写真を撮る余裕もなく
ひたすら下り続けました。


20161021-76.jpg

ここまでくれば。


20161021-77.jpg

もう安心。


20161021-78.jpg

16:30 ロープウェイ乗り場が見えてきた。


20161021-79.jpg

最終のロープウェイに間に合いました。

あの両耳を塞いできてやったぜ!


20161021-80.jpg

ベースプラザでは
もうショップは閉ってました。

ムリをお願いして
数量チェックを済ませていないものだけ
買いました。



この2年間
谷川岳の写真でさえ見る度に
敗北感を感じていたけど。。


谷川岳

登ってきたよ。。


1つの目標を達成できた
のかな。。


これからの人生観が
変わるかなぁ。。?



スポンサーサイト
23 : 46 : 12 | ドライブ・旅行 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。