スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
軽井沢6滝巡り
2012 / 08 / 31 ( Fri )

夏も終わりですが、まだまだ残暑。
今日の埼玉の最高気温は35℃らしい。。

避暑を兼ねて今日は、軽井沢6滝(浅間6滝?)巡りに行ってきます。
コースは 千ヶ滝→浅間古瀧→魚止の滝・浅間大滝→白糸の滝→竜返しの滝 です。
朝8:00に出発し夕方17:00に帰ってこれればいいかな。。



世間では夏休み最後の日。
渋滞情報を見ると、まだまだ土日は軽井沢は混んでいる様子。
今日は平日なのでスイスイです。

予定通り千ヶ滝駐車場に到着。
駐車場には1台だけ。。
マイペースで楽しもうかな。

先週買ったトレッキングシューズに履き替えて、出発。
清水のせせらぐ音を聞きながら整備された道を辿ります。
「せせらぎの道」とはよく言ったもんだ。



ん?
千ヶ滝ではありませんが、なかなかいい感じの水落です。



千ヶ滝へ続く道はこんな感じ。



千ヶ滝到着。
駐車場から20分位、1km位かな。
落差は20m位かな。

しばし鑑賞しました。



浅間古滝。
「古瀧花木野草苑」の中にあります。

事前に調べた場所とは違う場所にありました。
入場料500円。

落差は10m位かな。
迫力こそありませんが、こじんまりした纏まりのあるいい滝だと思います。



魚止の滝。

浅間大瀧の駐車場で、左へ行くと魚止の滝、右へ行くと浅間大瀧です。
急な階段を降り、5分程度で到着。

正直なところ、この魚止の滝は期待してませんでした。
が、眼の前にして、迫力に圧倒されました。

滝下まで降りてみました。
落差は10m程度ですが、幅と長さと水量があります。

木々と岩肌と水飛沫のコントラストが何とも言えない清涼感を感じさせてくれます。
この滝はオススメです。



浅間大滝。

駐車場に戻り、そのまま浅間大瀧へ。
整備された広い平坦な道を5分位歩いて到着。

実は本日のメインイベントがこの滝でした。
この滝見たさに今日のドライブを計画しました。

落差は10m位。
水量が多く、迫力あります。
滝壺の近くまで行けそう。。
ならば行ってしまえ!

滝壺間近、左右から観れます。
「これはスゴイ!」と、もう一歩踏み出した瞬間。。
バシャーン!、と。

何事かと思ったら、自分がズブ濡れでした。。
しかも滝の水を浴びていました。
ハイ。。
滑って転んで、滝壺に落ちたようです。。

鞄の中はカラッポでした。
すべて流されてしまった。
大したもの入ってないから、いいや。

カメラは水没。
「こりゃ、このカメラはもう使えないな。。」
案の定、電源が入りません。
この写真がこのカメラで撮った最後の一枚になりました。
水がとっても冷たいです。
ブルブル。。

というわけで、急ぎ足で駐車場に戻りました。
こんな時に限って、観光の人が多いこと。。
奇特な眼で見られながら擦れ違っていきました。

「恥ずかしい」とも言ってられず、駐車場でシャツとジーンズを脱いで、しばし乾かしタイム。。
着替え持ってきてないしなぁ。。

靴を見ると、普通のスニーカーを履いてました。
しまった。トレッキングシューズに履き替えてませんでした。

スニーカーじゃ、あんなところ滑って当然だよね。。
油断してました。。
1時間程乾かして、何とかビショ濡れ状態を脱したので、出発。



白糸の滝に向かう脇道の滝。



白糸の滝。

この場所は去年も訪れました。
「白糸ハイランドウェイ」の途中にあります。

個人的にはこの滝はあまり好みではないです。
なんか人口的な「わざとらしい」感じがして。。
なので鑑賞することなく、写真を撮った後、とっとと後にしました。

続いて本日の最終目的地、竜返しの滝へ。
事前調査したのですが、実はこの「竜返しの滝」がどこにあるかわかりません。。
地図には記載があるのですが、どこにクルマを止めていいのやら。。

とりあえず白糸ハイランドウェイの避難域にクルマを止め、そこから歩いてみることに。
下り坂を2km歩いても見つからず、途方に暮れかけた時、道路清掃をしている人に遭遇。
藁をも掴む思いで聞いてみました。
「あぁ。あそこはわかり難いんだよねぇ。。500m先右側にホテルがあるから、その脇道を鋭角に右に曲がるように」
とのこと。。

まだ先だったのですね。。
「こっち方面からクルマで行くと絶対わからないから、歩いて行って場所を確かめてからクルマで行った方がいい、通り過ぎるとすぐ先が料金所を出て、また料金を払って入らないといけない」とのこと。。

ホント、ご親切にありがとうございます。
深々とお礼を告げ、また坂を下り始めました。

「こ、ここか。。!?」
案内版は、15cm×40cm位の小さな木看板。。
しかも逆方向に向かうクルマに向いている。しかも低いし。
絶対わからん。。

とりあえず場所だけわかったので、クルマを止めてある場所まで戻ることに。
えー。。この道(白糸ハイランドウェイ)は歩いてはいけない道、とのこと。
簡単に言ってしまうと自動車専用道路、らしい。。
なので、3kmの上り坂を半走りで行きました。疲れた。。

目的の場所までクルマで行くとわずか3分。。
気を取り直して、竜返しの滝へ向かいます。
よく整備された道でした。
ヤマビルの心配はなさそうです。



竜返しの滝。

小さな川が流れる横を歩きます。
足はパンパンでしたが、水の音が心地良いです。

落差は7,8m位、幅は2m位。
一生懸命歩いて探したご褒美でしょうか、滝壺付近に虹を見せてくれました。
報われた。。
その一言です。

しばらく鑑賞してました。
どんなに整備されている道でも、滝壺付近は岩場ばかり。

これからはちゃんとトレッキングシューズを履いて行きます。

さ、おうちへ帰ろう。



まとめ

予定では竜返しの滝の後、時間があったら碓氷峠を抜けて峠道を楽しもうと思っておりましたが、そうもいかず。。
今日は滝壺に落ちたり、道に迷ったりで、3時間近くロスしてしまいました。

軽井沢で滝巡りをしている時間(9:30~16:00)の気温は、23~25℃。
この時(横川S.A.)では31℃。
この時期いかに軽井沢は過ごしやすいことか。。

軽井沢といえば「白糸の滝」が有名です。
(ワタシは「軽井沢の滝って、白糸の滝以外あったの!?」と思っていました)
ある日偶然にも「軽井沢 滝」でググってみたら、たくさんの滝が紹介されていました。

今日行った6つの滝は、初心者向けです。
中にはガイドを伴わないと遭難しそうな秘境の滝とかもあるようです。

旅の締め括りはいつものように、コレ。
「パールソフト」
今度はどこに行こうかな。。?

その前に、新しいカメラ買わないと。。(爆)


関連記事
23 : 48 : 27 | ドライブ・旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ゲリラライブ(笑) | ホーム | 2012年 東松山夏祭りライブ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://eggmuff.blog.fc2.com/tb.php/13-f128655f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。