松ちゃんの工房見学
2013 / 07 / 21 ( Sun )

今年知り合いになった
音楽仲間兼楽器職人
「松ちゃん」
の楽器制作工房にお邪魔しました。

弦々トムテ


前からとっても興味があった
松ちゃんのお手製チャランゴ。

どのようにして作られていくのか
とっても興味があったので
今日この機会を頂いたことに
感謝です!


場所の詳細は伏せますね。


あるコンビニで松ちゃんと
待ち合わせ。

しかーし。。
クルマの渋滞で20分も
遅れてしまった。
ゴメンナサイ。


待ち合わせ場所から程なく
松ちゃん工房に到着。


20130721-01.jpg
んー、いい感じです。
「怪しい要塞」って感じ。。

この怪しさが
職人気質を感じさせてくれます。
建物自体はまだ未完成とのことです。



周りはこんな景色です。

20130721-02.jpg

20130721-03.jpg

静かで長閑で
集中してモノを作るには
最高の環境と思いました。


いよいよ工房の中へ
お邪魔。。


20130721-04.jpg
おー!

松ちゃんのオリジナル楽器は
削り出しのワンピースです。

本当にワンピースの
削り出しで作ってるんだね。

かなり感動。。


20130721-05.jpg
正直、素人のワタシには
「削り出しのワンピース」
と言ってもなかなかイメージ
できませんでした。

制作中の現物を見て
「コレはスゴい!」
と納得しました。



20130721-06.jpg
職人、って感じ。。


20130721-07.jpg
一番左が初めて作った
1号だそうです。

ここから始まったんだね。。


20130721-08.jpg
ヒェー!って感じ。

ギター、ウクレレ、
マンドリン、チャランゴ。。
はたまた、なんだコレ?
みたいな楽器が整然と並んでました。

いつも単品でしか見たことがなかった
チャランゴ。
ウクレレやオクターブギターもありますが
これだけ並んでると圧巻です。

音だけでなく
芸術性を感じます。
コレクションしたくなるような。。


現在試作中のオクターブギターの
完成が待ち遠しいです。

オリジナルマーク入れてもらおっと。


20130721-09.jpg
「楽器制作の勉強中」
とのことで、いろんなギターを
修理しながら勉強されてる
とのことでした。

こらから修理する楽器も
多々あるそうです。

全部で50台くらいあったかなぁ。。


20130721-10.jpg
オーナーから見放された楽器が
松ちゃんの手によって
生き返るんですね。


20130721-11.jpg
マンドリンもあります。

Kentucky KM-650
がありました。

チョビっと弾かせて頂きました。


この後、松ちゃんと
課題曲(?)の練習をしました。


練習場所もできた!

なーんてねっ!


---------- まとめ ----------

松ちゃんの手作り楽器って
なんだか暖かい温もりを感じます。

ワタシが持っているギターのような
攻撃的な音ではなく
和らかく包みこむような音色。。

ワタシも1プレイヤーである以上
音は厳しく追及したいと思います。

松ちゃんに試作をお願いしました。
それができて、気に入ったら
購入することはもちろんですが。。

それだけではなく。。

ちょっと考えてみます。。



松ちゃんの楽器工房。

外観は怪しい秘密基地のようですが
建物の中は楽器職人松ちゃんの
夢が詰まってます。

「モノづくり」
を仕事にしてる人って
やっぱり羨ましいです。




---------- オマケ ----------

20130721-12.jpg

古いZ。
ちゃんと車検通ってるみたい。


20130721-13.jpg

なんだ、コレ。。?
(笑)



関連記事
23 : 42 : 48 | 音楽 | コメント(0) | page top
<<東松山 夢のまち 夏祭りライブ Vol.2 | ホーム | 庭木の剪定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |