リハビリハイキング -美ヶ原高原美術館編 その2-
2013 / 09 / 13 ( Fri )

「美ヶ原高原美術館」のつづき


20130913-142.jpg
屋上からの眺め。

霧が。。

駐車場に
ワタシのクルマが見えました。(笑)

さて、問題です。
ワタシのクルマは
何処にいるでしょーかっ?

解かった方はコメください。

お土産を差し上げます。(笑)



そして5分後。。


20130913-143.jpg
こうなりました。


20130913-144.jpg
ミロのヴィーナス
(Venus de Milo)

模刻作品ですが
実物大だそうです。


20130913-145.jpg

20130913-146.jpg

20130913-147.jpg
んー。。

霧よ
もう少しだけ観させておくれ!


20130913-148.jpg

20130913-149.jpg

20130913-150.jpg

20130913-151.jpg

20130913-152.jpg

20130913-153.jpg

20130913-154.jpg
この作品、何故か魅かれた。

誰かに似てるような気がする。。

懐かしい、誰か。。

誰だろう。。?


20130913-155.jpg
この作品は欲しいと思いました。

毎日でも眺めていたい
と思いました。


20130913-156.jpg
「イエィッ!」って感じ。。

20130913-157.jpg
霧が濃くなってきました。

陽も傾いて、肌寒くなってきました。


全部見れなかったけど
今日は帰りましょう。。


最後に
「アモーレの鐘」
の現物を見たい!


20130913-158.jpg
え゛~っ、うっそぉーっ!


これは、がっかりだなぁ。。



いつかは見れると信じたいです。



それにしても美術館に来てよかったな。
立体的な芸術作品を見れて
いい刺激になりました。

何がいいって。。
ひとつの作品に対して
「この作品はどの角度から
見ればいいのかな?」
と考えます。

で、いろんな角度から見てみます。
これがいいんですね。
脳の活性化というか。。


そんなこんなで
ひとつの作品を見るのに
5分くらい掛かります。

この美術館にある作品を
すべて見ようとすると
とてもじゃないけど
2,3時間で見れるはずもなく。。


またここに来れる理由ができました。




この後、霧が晴れるまで
レストランでゆっくりしましたが
閉館時間となりました。

未だ霧は晴れず。。


段々暗くなってきました。
いくらか霧が和らいできたようです。

ゆっくりと山道を走りました。


できればもう一つの目的地
「武石白樺平」
に行きたかったのですが
時間的に間に合わず。。

また行けばいいさ。。



20:00 帰宅。

計画がまったくないドライブでしたが
今回のリハビリハイキングは
楽しかった。。

美術館のUp&Downが
一番きつかった。。

今秋は
何回ハイキングに行けるかな。。?




---------- まとめ ----------
20130913-159.jpg


おかげさまで腰の痛みは
生活には支障がない程度まで
回復しました。


今日は多分10kmくらい
歩いたでしょう。

まったくハイキングが
できないわけではないことが
わかりましたので
旅行に行く度にハイキングは
続けたいと思います。


今日行った場所は
今まで休憩やお土産ポイントに
利用していたものの
実際には敷地内や施設の中に
入ったことのないところばかりでした。

「こんなところだったんだね。。」

初めて訪れた土地のようで
新鮮に感じました。


今日、ハイキングに行けて
よかった。。



★メモ
走行距離:402km
撮影写真枚数:531枚
(1日で撮った最高記録!)

総費用:20,000円位
有料道路:3,300円
燃料費:3,720円
他交通費:1,500円
お土産代:8,400円
その他:2,500円


関連記事
23 : 56 : 32 | ドライブ・旅行 | コメント(2) | page top
<<クイズの答え | ホーム | リハビリハイキング -美ヶ原高原美術館編 その1->>
コメント
--Re: えぐさんの車--

コバさん、惜しいです!(笑)

by: えぐ@Muffins * 2013/09/16 11:29 * URL [ 編集 ] | page top
--えぐさんの車--

白い壁の時計塔?鐘?がある建物の向かって左、4第並んでるうちの
一番左の車では?
by: コバちゃん * 2013/09/14 23:01 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |