2014紅葉狩りドライブ -谷川岳編 その4-
2014 / 10 / 18 ( Sat )

時間が経てば幾らか楽になる
と信じていたのですが

自分の意思とは裏腹に
体温が下がってきています。

脱水症状です。


脚も上がらず。。

痛かった太腿を揉んでみました。
何も感じない。。

石で叩いてみました。
脚の指先に響くだけ。

自分の脚ではないみたい。


20141018-075.jpg

「オレ、帰れるのかなぁ。。?」

不安になってきました。

単独登山。。

転んで滑落したら
誰も気付いてくれないでしょう。

「初心者は単独登山は控えるべき」
そんな言葉を聞いたことがあります。

「遭難」という言葉が
頭を過ぎりました。

人には迷惑を掛けたくない。。


20141018-076.jpg

川棚ノ頭、オジカ沢ノ頭の
尾根が見えてきました。


20141018-077.jpg

結構な高さまで来たな。。


20141018-078.jpg

谷川岳の緑って
全部熊笹だったんだね。


20141018-079.jpg

全部熊笹よ。


20141018-080.jpg

ここの岩山を登ります。

ここから丘の上までは高さ60m。

が、ここに来てさらにペースが落ちました。
20歩進んでは10分の休憩。。


20141018-081.jpg

尾根伝いを歩いてる人が見えました。

谷川岳縦走コース、と呼んでました。


20141018-082.jpg

汗を掻いていないせいか
頻繁に眩暈がします。
貧血かな。。?

身体が乾いているのでしょう。

脚が痛いのは
脱水症状とミネラル不足でしょう

運動している時
ミネラルは消耗するので。


ここまでで半分飲んだ梨汁と
持ってきた菓子パンを食べました。


これで飲食物はなくなりました。


20141018-083.jpg

天神ザンゲの岩。

懺悔して
始めっからやり直したいです。

せめてズボンだけでも
登山用にき替えたい。
ホント。。


20141018-084.jpg

これ、階段ではないです。

岩が落石するのを防いでいるだけの
留め木です。


ケルンが見えてきました。

が、果てしなく遠く感じる。。


20141018-085.jpg

オジカ沢ノ頭の尾根を
見下ろせる高さに来ました。

苦しいけど気持ちいいです。


20141018-086.jpg

丘を登り切りました。

肩の小屋(1,912m)に到着です。。


20141018-087.jpg

シャレたことを。。


20141018-088.jpg

山頂は眼の前です。


20141018-089.jpg

ケルンもすぐそこ。


20141018-090.jpg

あそこが2つのうちの1つの頂上
トマノ耳(1,963m)です。

あと50m登れば辿り着けます。


現在11:10。
予定より2時間遅れてしまいました。

前の50mを登るのに
1時間半掛かってます。


眼の前の頂上、トマノ耳まで
さらに90分掛かりそう。。

そして今の状態で、帰りの下り道に
ワタシの身体は耐えられるのか。。?



・・・


今回は諦めることにしました。。



決断した瞬間
涙がドーっと溢れてきました。


悔しい。。 ただ悔しい。。


座り込んで身体を丸めてました。


変な人がいる、と思われただろうな。。



でも、ここで終わりではありません。
来た道を帰らないと。。


20141018-091.jpg

こんなところまで登って来てたのね。。


20141018-092.jpg

ザンゲ岩の上で戯れる若者達。


20141018-093.jpg

ゆっくりと。。


20141018-094.jpg

20141018-095.jpg

20141018-096.jpg

20141018-097.jpg

陽が陰ってきました。


20141018-098.jpg


20141018-099.jpg

山頂に辿り着いてる人達がいます。


20141018-100.jpg


20141018-101.jpg

完敗です。。



関連記事
23 : 57 : 42 | ドライブ・旅行 | コメント(0) | page top
<<2014紅葉狩りドライブ -谷川岳編 その5- | ホーム | 2014紅葉狩りドライブ -谷川岳編 その3->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |