Gibson L-5 SEG-900M
2012 / 11 / 26 ( Mon )

題名を見て、「何のこっちゃ?」と思われたでしょうね。(笑)

今日は一部のギターマニア向けの話を。

ワタシが所持しているギターの中で、一番の不良息子、
「Gibson J160E」というギターがあります。


 
このギターには2種類あって、簡単に言うと、
エレキ仕様のとアコースティック仕様のもの。

ワタシのは後者の方です。

生音はとても気に入っているのですが、これをアンプに通すと音が悲しいくらいに化けてしまいます。。

いろいろ試行錯誤して、何とかライブで使える音になったのですが、
Gibsonアコギ独特の「ジョリーン」という音の再現には今一歩至らず。。

このJ160Eというギターはその独特の構造から、弦を選びます。
(普通のアコギ用の弦ではJ160E独特の音が出ない)

今まで試行錯誤の結果、使用していたのが「D'addario EJ21」という弦。

「この弦がベスト」というわけではなく、
他にいい弦を見つけられなかったので使用していました。

が、前から気になっていて、機会があったら試してみよう、
と思っていたのがこの弦です。

 
 「Gibson L-5 SEG-900M」

これはニッケル弦のミディアムゲージです。
この弦はなかなかお店では売ってなくて、あっても在庫がなかったり。
またGibsonの弦って、今まであまりいいイメージがなく敬遠してたので、
取り寄せてまで試そうと思うこともなく。。

縁遠かった、ということですね。
先週、たまたまネットで見つけ、購入してみました。

早速張り替えて試奏。
生音は「EJ21」と比べて、さほど変わりがないように思いましたが、
音は大きくなりました。
またミディアムゲージのせいか、気持ち弦自体が硬いような気がします。

まだP.A.で音出しはしていないのですが、今度ライブの時に、試してみようと思います。
生音が大きくなったので、ハウリングが心配。。


関連記事
21 : 20 : 00 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<クリスマスっぽく | ホーム | 2012最後の紅葉>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://eggmuff.blog.fc2.com/tb.php/47-38813eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |