2016山のぼり -谷川岳 その2-
2016 / 10 / 21 ( Fri )

ゆっくりと深い息をしながら休憩し
トレッキングシューズの
紐を締め直して出発。


20161021-27.jpg

いきなりの岩場の急登。


20161021-28.jpg

これが続きます。


20161021-29.jpg

1つの急登を超える度に
周りの山々の稜線が眼線に近くなってきます。


20161021-30.jpg

鎖場も数え切れないくらいあります。

が、鎖を掴みませんでした。

身体が降られて不安定になるから。


20161021-31.jpg

紅葉は終わりかけです。


20161021-32.jpg

まだ続くか。。

2年前はこの辺りで
脚が悲鳴を上げ始めた。


20161021-33.jpg

稜線が眼の高さに。

もう眼の高さの下にあるかも。。


20161021-34.jpg

雄々しいな。
さすが谷川連峰です。


20161021-35.jpg

こんなところを脚だけで登ろうとすると
ひどい目に遭う。

こういうところは
両手を付いて支えるようにして
登るんだ!
と自分に言い聞かせる。


20161021-36.jpg

紅に癒されて。。


20161021-37.jpg

バナナで休憩。。

バナナはカリウムが多く
疲労回復に効きます。


20161021-38.jpg

よし!

ちなみに
あそこは頂上ではありません。


20161021-39.jpg

まだまだ続きます。

エッチラホッチラ。。


20161021-40.jpg

稜線の向こう
何処の山かな。。?


20161021-41.jpg

天狗の留まり場

ここで写真を撮ってる人達を
たくさん見掛けたけど
今日はいないな。。


20161021-42.jpg

熊笹。

風が吹くとそよぎます。


20161021-43.jpg

少し緩くなったかな。


20161021-44.jpg

谷川岳はこの熊笹の緑と
岩壁の茶色で彩られています。


20161021-45.jpg

ここ、覚えてます。

脚が攣りそうになって前に進めず
1時間以上もこの茂みで
休みました。


20161021-46.jpg

ん?
八ヶ岳かな?


20161021-47.jpg

万太郎山と仙ノ倉岳。

あの稜線を歩いてみたいな。
ワタシにとっての「天空の稜線」です。


20161021-48.jpg

蛇紋岩。

これが憎たらしい。
渇いてても滑ります。

この岩が多いのです。。


20161021-49.jpg

木段。

これもまた優しくない。


20161021-50.jpg

この木段は
階段としての用途ではなく
落石防止や滑り止めです。

なのでアテにしてステップを
踏んでいくと疲れますので
避けて通ります。


20161021-51.jpg

「天空の稜線」が見えてきた。(笑)


20161021-52.jpg

13:00 肩の小屋付近に到着。


見えた。

あそこが双耳峰の片頂上「トマの耳」。

2年前はこの場所で登頂を断念し
引き返しました。


20161021-53.jpg

特に意味はないけど
鳴らしたい。。


20161021-54.jpg

縦走路。。


20161021-55.jpg

頂上までもう少し。。



関連記事
23 : 45 : 42 | ドライブ・旅行 | コメント(0) | page top
<<2016山のぼり -谷川岳 その3- | ホーム | 2016山のぼり -谷川岳 その1->>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |